皆さん、お久しぶりです!SYです。

長らく更新が止まっており、申し訳ありません。

4/27(土)~29(月)に、ロボカップジュニア・ジャパンオープン2019和歌山に出場しました。

本日はその結果報告だけ先にすることにします。

各試合の解説記事も後日出しますので、お楽しみに。

プレゼンテーションシート

プレゼンシート

※フルの動画は後ほど公開します

最終結果―1位通過!

参加部門 : RoboCupJunior Soccer Lightweight

順位 : 1位

総得点 : 80-7 (11試合全勝)

アウトオブバウンズ : 2回

故障 : 2回

オウンゴール : 3回

オウンゴールが少し多かったことと、マカオシュートを何回か決められてしまったことが反省点のひとつです。

アウトオブバウンズが何回か起きてしまったのはラインの角でラインセンサがうまく反応しなかったことが原因だと思われます。

故障はカメラの不具合やジャイロのリセット忘れが原因です。ジャイロのリセット忘れのような人為的ミスは防げるものなので、試合前には焦らないことが大切です。

大会の様子

64チームが参加。去年と参加チーム数は同じのようです。

調整用コートはビギナー用1台とライトウェイト、オープン用3台がありましたが、1台はコートの色が少し違ったせいか少し空いていました。

用意された試合用コートはA~Kの11台です。

技術委員会のブログに書いてあるスケジュール通りに試合等は進行していきました。

予選

全6回のスイス式トーナメント。

試合時間 : 前半4分、ハーフタイム3分、後半4分

試合間隔 : 4分弱

決勝進出枠 : 6チーム(9.4%)

チーム数も多く、ライトウェイトとオープンを交互に行うため、試合と試合の間には1時間ほどの調整時間がありました。

昼休み

もちろんそんなものはない

決勝リーグ

6チームで総当たり戦

試合時間 : 前半5分、ハーフタイム5分、後半5分

試合間隔 : 10分弱

5試合連続で試合を行うため調整時間がほとんどなく、かなり大変でした。

決勝リーグタイムテーブル

決勝リーグタイムテーブル

前回からの変更点


  • 審判によるボールの持ち上げ検知 → ホームポジションに戻る
  • キーパーの精度向上
  • 回り込みの精度向上

RCJ2019Wakayama

忙しくて更新が止まることもありますが、どうか長い目で見守ってください。

それではまた! (´∀`)ノシ